イベント出店のお知らせ

海の見える一箱古本市 & せとうちのみの市
2019年7月14日(日)
10:00~16:00
香川県サンポート高松 大型テント広場

香川県のラナンキュラス「てまりシリーズ」

まだまだ寒い毎日ですが、
瀬戸内の香川県では暖かさを感じる日もあり、
春を感じる花が咲き始めるようになりました。


皆様のところではいかがでしょうか。


少しずつ春が近づいてくると、
草冠の作品作りも冬から春へと移り変わり始めます。


今日は、春の作品に使用するお花のお話です。


香川県のラナンキュラス「てまりシリーズ」




皆様はラナンキュラスをご存じでしょうか。


キンポウゲ属の多年草で、アネモネの仲間です。
早春の鉢花や切り花として出回り、薄い花びらが幾重にも重なってボリュームもある美しいお花です。


香川県はラナンキュラスの生産量が全国3位。
そして、とってもかわいいオリジナル品種があります。


その名は「てまりシリーズ」です。


つぼみの時の花の形が真ん丸で「手鞠」に似ていることから名づけられました。



















茎がしっかりとしているので、
切り花としては、とても日持ちがするのが特徴です。


もちろん色のバリエーションも豊富です。


白色の「雪てまり」



爽やかなイエローの「レモンてまり」



濃い黄色の「ゆずてまり」



かわいらしいピンクの「桃てまり」



鮮やかな「紅てまり」



シックな色の「藤てまり」


他にもオレンジ色、白色に桃色の縁取りなど、
たくさんのカラーの「てまり」があります。


名前がかわいらしくて心に残ります。


ラナンキュラスのドライフラワー


花びらが幾重にも重なったラナンキュラス。
ドライになると薄い花びらに「うねり」が出て、
ドライフラワーならではの立体感が生まれます。




時間が掛かるのですがドライにし、
リースのアクセントとして使用しています。




湿度や室温や日当たりなど、
気を抜けない時間が長く続きます。


でも、重なりあった繊細な花びら
ドライになってシックなカラーと変化したその色合い。
皆様に知って頂きたいのです。




瀬戸内の豊かな草花を、
産地より皆様にお届けいたします。



0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントください!

人気の投稿