イベント参加のお知らせ

『海の見える一箱古本市&せとうちのみの市』
11/3(土)10:00-15:00
香川県高松市北浜アリー レンガ広場にて

※秋冬の季節感のある作品をたくさんご準備しています。
お気軽にお越しくださいませ!

多肉植物の育て方

多肉植物はかわいい。
でも、育て方が心配。
枯らしてしまわないかな?


私も最初はそう思っていました。


多肉植物の育て方は、普通の植物とは少し違います。


でも大丈夫なんです。
心配しなくても大丈夫。
簡単な育て方をお教えします。


大切なことは、
「光、風、水」の3点です。


ひとつひとつ見ていきましょう。


多肉植物は、外でしっかりと光を当ててください。
室内では圧倒的に光不足なのです。


お気に入りの多肉植物がひょろひょろと背が高くなること、ありませんか?


それは光が足りていないから。
光を求めて伸びてしまったからなんです。


ちなみに多肉植物の好きな気温は10℃~30℃。
例えば、10℃以下の冬は室内に、
30℃以上の夏は直射日光は避けて日陰に。
遮光シートを掛けるのも良いですね。


水は2週間に1度、底穴から水が流れ出るまでしっかりあげます。
霧吹きでは水は不足してしまいます。


葉っぱがしわしわになってしまうこと、ありませんか?


それは水が足りていないから。
体内に蓄えた水さえも不足してしまったからなんです。


雨にあたっても1日~2日ぐらいは大丈夫。
でもそれ以上は腐ってしまうかもしれません。
軒下に移動してあげてくださいね。


ちなみに、多肉植物は夜に根から水を吸い上げます。
水遣りは夕方が一番おすすめです。

屋外で自然の風にあててください。
風が吹き抜けると多肉植物は心地よく育ってくれます。


水をあげたあとに茶色くなって枯れてしまうこと、ありませんか?


それは蒸れてしまったから。
水を吸い上げるまでに葉や根が蒸れてしまったからなんです。


もしも、2週間に1度の水遣りの時
土が乾いていない場合は風が不足しています。
風通しの良い場所に移してくださいね。




以上、これだけです。


どうでしたか?
思ったよりも簡単だと感じてもらえると嬉しいです。


難しいことは気にしなくて大丈夫。
気軽に多肉植物を楽しんでくださいね。



0 件のコメント :

コメントを投稿

お気軽にコメントください!

人気の投稿